スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2008.03.20(木)

礼儀正しい猫

ある商家の下男のことじゃが、そりゃたいそうな博打好きだそうな。

見かねた主人が度々呼んでは意見するが、いっこうに止む気配がない。

勘考した主人は、下男が出掛けられないようにと、夜になると引き戸に錠前をかけてしまった。

さて、主人が寝た後から、表に出ようと思っていた下男は困った。

そこで、下男は屋根を伝って出ることにしたそうだ。

ただ、普請が安いからなのか、歩くたんびたんびに音がする。

その音を聞いた主人は女房に、

「屋根がみしみしといっているようだが」

と言ったところ、女房は慌てもせずに

「あれは大きな猫でございましょう」

と答えたとか。

主人はさらに天井を仰いで

「さては、猫か…」

そう言うと、

思いがけない返事があった。

「はいッ、さようでございます」

主人の躾がよろしいのか、いかにも礼儀をわきまえた猫だと、たいそう評判になったそうだ。


スポンサーサイト
│posted at 15:32:49│ コメント 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。