スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2008.04.15(火)

お昌の診たて

長屋のお昌が、医者に相談したそうな。
 
「どうしました。お昌さん」

「先生、まぁ聞いておくんなさい。オナラが止まらないんで困っています」

「ほう、若い娘が困りものじゃのぉ」

「ええ、何をしていても出るわ出るわで。でもこのオナラときたら、音もしないし、臭いもしない」

「なるほど、それで?」

「今だって、わたしゃオナラをしどうしです。先生は気付いてないでしょうが、この診察室に入って、もう24回もしているんですよ」

「なるほど。そういうことですか」

そう言って医者は薬の包みを取り出しました。

「では、この薬を飲んでみることですな」

「はい、ありがとうございます」

さて、その翌日のこと。

お昌が勢いよく、医者のところの駆け込んできた。

「先生! あの薬はいったい何なんですか」

「何だい、藪から棒に」

「突然、オナラがすごく臭くなりましたよ! おまけに、びっくりするほど大きな音まで出るようになってしまって。恥ずかしいったらありゃしない」

医者はこう言った。

「あれはじゃな。鼻づまりと耳づまりに極めてよく効くと評判の薬なんじゃよ」



スポンサーサイト
│posted at 00:03:11│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。