スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2008.05.21(水)

上手の女房

ある御武家様のことじゃ。

居宅に帰った夫は女房に言った。

「ご隠居のお供で半月ほど、狩りに出掛ける。ついては、衣や狩の道具、それからわしの気に入りの寝間着を荷造りしておいてくれ」

準備が整うと、夫は荷物を持って出掛けていった。

半月後、居宅に戻った夫は烈火の如く怒った。

「気に入りの寝間着が見当たらなかったぞ」

「さてさて、それは可笑しな話でございますね。狩の道具の中に入れておきましたのですが、旦那様は狩は為さらなかったのですか」

御武家様が何と答えられたのか知らないが、女房殿はさぞかし切れ者じゃと評判じゃわ。




スポンサーサイト
│posted at 00:00:01│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。